祝い方のマナーについて

喜寿の祝い方について

長寿祝いの基礎知識について

かつて暦を示す方法として「十二支」と「十干」が用いられていました。

十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二を年に当てたもの。

十干は中国古代思想における五元素の木・火・土・金・水の五行をそれぞれ兄と弟に分けたもので、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戌(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)の十をいいます。

この組み合わせで年を表すのがいわゆる干支で、たとえば壬申の乱があった627年は壬申、明治に改元された1868年は戊申です。

この干支が一回りして、おなじ組み合わせに戻るのにかかる期間が60年なのです。

ここから数え年で61歳(満60歳)になり、生まれたときの干支を迎えた者を本卦返りと呼び、赤ん坊に戻ったとするのです。還暦の人に赤い着物を贈る習慣は、この考えに基づいています。

平均寿命が今よりずっと短かった昔、還暦は長生きの一つの目標でした。それゆえ賑々しく祝われたのですが、同時に社寺でお祓いを受けたり、親類や近隣の者を招いて御馳走したりするなど、厄払いに似た儀礼も行ないました。

意味(由来)について

喜寿とは「77歳のお祝い」のことです。「喜」の草書体が「七十七と読める」ことが由来です。

数え年で祝うのか?満年齢で祝うのか?

昔は数え年で祝うのがしきたりでしたが、現在は満年齢で祝うことが多くなっています。

お祝いの食事会について

喜寿の祝い方にはいろいろありますが、下記に一般的な3つのパターンを紹介しておきますので、参考にしてみてください。

☆本人が主催する食事会

身内だけを招く場合は、電話など、口頭で招待すればよいのですが、第三者も招いて行なうときは、招待状に、日時、場所、内容などを明記して送ったほうがよいでしょう。ほぼ一か月くらい前には先方に届くように、往復ハガキで出すようにします。

長寿の祝いは、その誕生日に行なうのが主旨にそうのでしょうが、招く人の都合をまず考えます。日曜日を選ぶなら、誕生日を過ぎてからの日にします。ふつう日時を変更する場合、弔事は繰り上げますが、祝い事は喜びが延びることから、祝い事によっては延ばしてかまわないとされています。

当日は、引き出物として、長寿の記念となるようなものを、いただいたお祝いの金額にこだわらず、全員に同じものを差し上げます。盃や茶器などに名前と年齢を入れたものや、本人手作りの焼き物、自作の俳句を書いた色紙などもふさわしいでしょう。

☆子供たちが主催する内輪の食事会

身内だけの会なら、形式ばることもありません。子供たちをはじめとして、孫、兄弟などが、都合のよい日に自宅に集まって、会食するだけでも、立派なお祝いの会となります。全員で乾杯し、プレゼントを贈り、思い出話に花を咲かせるのも楽しいものです。身内以外でも、本人が望むなら、ごく親しい人を招いて、参加してもらうのも賑やかなことでしょう。

また、本人があまり派手なことをしたくないと考えるなら、身内で費用を出し合って、温泉旅行をプレゼントするのもよいでしょうし、贈り物をするだけでも十分です。要は、長寿を迎えた親に対する、子供たちの感謝の気持ちが伝われば喜ばしいことなのです。

身内のお祝いには、お返しの品は必要ありません。それでも何か記念をと考えるなら、金銀の杯や、趣味に合った自費出版で、自伝や俳句集などを作って配るのも、長く心の思い出となることでしょう。

☆第三者が主催する祝いの食事会

部下や教え子など、有志が集まって祝賀会を開いてあげるときは、会費制にすると合理的です。幹事役の人が、会の内容や招待客などを決め、主賓として本人夫妻を招くという形式です。

会費から、本人へのプレゼントも用意しますから、出席者は会費以外の「御祝」を持参する必要はありません。

進行役は、会を盛り上げるために、本人の若いころのスライド写真を上映したり、その長年の功績をたたえたり、出席者に本人とのエピソードを語ってもらうなど、工夫をこらします。ただし、主賓がお年寄りであることを考慮して、料理の内容に気を配ったり、時間が長びいて疲れたりしないように、きちんとしたスケジュールでこなします。

なお、お返しは、会のほうで用意します。当日無理なら後日でも、記念品を出席者全員に配ります。

お祝いの金額の相場について

高価な贈り物の場合などには、みんなでお金を出し合って贈るのが一般的ですが、大体の相場は以下の通りです。

贈る相手:両親・兄弟の場合・・・2万~5万円

贈る相手:祖父母の場合・・・1万~3万円

贈る相手:親類の場合・・・5千円~1万円

☆のしの書き方について

水引:紅白や金銀の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「敬寿」「賀寿」「祝七十七歳」「喜寿御祝」など

表書き/姓名:上書きよりやや小さめのフルネーム

おすすめのプレゼントについて

77歳の喜寿祝いの基調色は「紫色」になります。

ですので、紫色の座布団や、セーターやベスト、シャツ、ブラウスといった衣料品がよく用いられます。

また、色にこだわることなく、絵筆や釣り竿といった趣味に生かせる品、日常生活を快適にする品を選んでください。

好きなお芝居の上等の席のチケットなども良いアイデアです。時期によって、マフラーなども喜ばれます。

いずれにしても、本人が選ぶものよりも少し若向きのものをお選びください。

おすすめの品物:歌舞伎などの観劇チケット、旅行券、釣り竿、絵筆、和装小物、陶磁器、ゴルフクラブ、ゴルフクラブのカバーセット、茶道具、碁盤、漆器、アクセサリー、日本酒やワインなどのお酒

また、健康を損ねている方には、健康の回復を祈って、「電気毛布」や「羽布団」などを贈るのもオススメです。

おすすめ出来ないプレゼントについて

冠婚葬祭の贈り物は、現金や品物です。贈り物は、人間関係をスムーズにする、日本の礼儀のひとつでもあります。最近では、そのマナーや慣習もゆるく、薄れつつあります。贈り物のタブーについても、あまり気にする人はいなくなってきています。

とはいえ、せっかくの贈り物でタブーは避けたいもの。知っていけば、相手に不快な思いをさせずに済む、最低限のものをご紹介いたします。

☆ハンカチ・・・ハンカチとは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くため、手切れを連想させるので、NGです。また、白いハンカチは別れを連想させるのでタブーとされています。

☆櫛・・・「苦」や「死」を連想させる「くし」は縁起が悪い贈り物です。

☆日本茶・・・弔事に使われることの多い日本茶は、お祝いの贈り物には不適切とされています。しかし、お茶好きな相手へ贈る際には、オシャレなデザインのものを選べば失礼にはあたりません。

☆印鑑・・・印鑑を贈るということは、責任を持てという意味が込められるため、両親や兄弟、上司以外が贈るのは避けた方がいいでしょう。

☆時計・かばん・・・時計やかばんは勤勉を意味するので、目上の人に贈るときには注意が必要です。親しい間柄なら問題ありません。

☆履物・マット類・・・相手を踏みつけるという意味合いから、目上の人に贈る時には注意が必要です。親しい間柄なら問題ありません。

プレゼントに添えるメッセージカードの文例について

・ご長寿バンザイ! いつまでも健康で、明るく楽しい日々を送られますよう、お祈りいたします。

・喜寿おめでとうございます。いつまでもご健康で明るくお過ごしくださいますよう、お祈りいたします。

・つつがなく喜寿を迎えられましたこと、お喜び申しあげます。いつまでもお元気で。あわせてご家族の皆様のご健勝をお祈りいたします。

・喜寿おめでとう。あんまり無理をしないでね。いつまでも元気で、優しいおばあちゃんでいてください。

・おじいちゃん、喜寿おめでとうございます。人生百年、まだまだ青春時代、キラキラ輝き、ずっと現役でいてください。

・つつがなく喜寿を迎えられましたこと、心からお祝いを申しあげます。一層のご健勝とご多幸をお祈りいたします。

・謹んで喜寿のお祝いを申しあげます。いつまでも、お健やかでいらっしゃいますよう、心からお祈りいたします。

・謹んで喜寿のお祝いを申しあげます。ますますお元気で長生きされますよう、お祈りいたします。

・めでたく喜寿をお迎えの由、心からお祝い申しあげますとともに、ますますのご健勝をお祈りいたします。

・めでたく喜寿をお迎えの由、心からお祝い申しあげますとともに、ますますのご健勝を祈念いたします。

お祝いを贈る時期について

お祝いを贈る時期は、誕生日の一週間前から誕生日の前日までの間にします。祝賀会がある場合は、当日に持参されても結構です。

「冠婚葬祭おつきあい事典」より

「冠婚葬祭 お金のマナー便利帳」より

「贈り物とお返しのマナー事典」より

「神事・仏事のしきたり」より

「大人のマナー便利帳」より

「NTT D-MAIL」より

達磨の紹介について

長寿祝いだるまの紹介

60歳の誕生日プレゼント

60代や70代への誕生日プレゼント

70歳の誕生日プレゼント

77歳の誕生日プレゼント

80歳の誕生日プレゼント

88歳の誕生日プレゼント

90歳の誕生日プレゼント

99歳の誕生日プレゼント

100歳の誕生日プレゼント

101歳以上の誕生日プレゼント

父親への退職祝いのプレゼント

 

ブライダルだるまの紹介

ダイヤモンド婚式の贈り物

金婚式の贈り物

ルビー婚式の贈り物

銀婚式の贈り物