卒寿祝いの挨拶|感謝のスピーチの文例を紹介

卒寿祝いの挨拶について

子供からの中締めのスピーチの文例について

お話の弾んでいるところ、申し訳ありません。遠方にお帰りの方もおいでですので、ここで中締めとさせていただきます。

本日は、父のためにおいでいただき、ありがとうございました。

先ほどたくさんの方から、心のこもったお祝いの言葉をいただき、父をはじめ家族一同感激しております。父は元来無口な性格ですので、実は今日、皆様からお話をうかがうまで、外での父のようすはよく知りませんでした。「そんなに世話好きの一面があったのか」とか、「そんなに情熱を傾けて仕事に打ち込んでいたのか」とか、興味深くお話をうかがわせていただきました。

今まで知らなかった父の新しい側面を知り、愉快だったり、子供としてあららめて父を誇りに思ったりと、貴重な夜となりました。本当に、ありがとうございました。

それでは、一本締めで中締めをしたいと存じます。父の卒寿を祝うとともに、皆様のご健勝を祈念して、

「よ~、バババン、ばばばん、バババン、バン」

皆さん、本日はありがとうございました。

家族代表からの感謝のスピーチの文例について

ポイント:避けがたい老化の現実をソフトにとらえ直して話せるのは、家族だからこそ。

本日は、母、沙知代の卒寿をお祝いくださり、まことにありがとうございます。家族一同、心からお礼を申し上げます。

母は「卒寿というくらいだから、そろそろ人生を卒業しろ、ということなのに、いつまでもウロウロしてて」などと言います。家族は「そうじゃないよ、お母さん。悩みの尽きない人間の位などは卒業して、お釈迦様のような、ゆるやかな気持ちになる年齢ですよ、ということだよ」などと、こちらものんきに言ったりしています。母は、とてもゆったりした気持ちで生きているようです。母がいるだけで周りに穏やかな空気が流れている、そんな感じがします。この時間がいつまでも続くようにと願わずにいられません。

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。

プレゼントに添えるメッセージの文例について

・ご長寿バンザイ! いつまでも健康で、明るく楽しい日々を送られますよう、お祈りいたします。

・卒寿おめでとうございます。いつまでもご健康で明るくお過ごしくださいますよう、お祈りいたします。

・つつがなく卒寿を迎えられましたこと、お喜び申しあげます。いつまでもお元気で。あわせてご家族の皆様のご健勝をお祈りいたします。

・卒寿おめでとう。あんまり無理をしないでね。いつまでも元気で、優しいおばあちゃんでいてください。

・おじいちゃん、卒寿おめでとうございます。人生百年、まだまだ青春時代、キラキラ輝き、ずっと現役でいてください。

・つつがなく卒寿を迎えられましたこと、心からお祝いを申しあげます。一層のご健勝とご多幸をお祈りいたします。

・謹んで卒寿のお祝いを申しあげます。いつまでも、お健やかでいらっしゃいますよう、心からお祈りいたします。

・謹んで卒寿のお祝いを申しあげます。ますますお元気で長生きされますよう、お祈りいたします。

・めでたく卒寿をお迎えの由、心からお祝い申しあげますとともに、ますますのご健勝をお祈りいたします。

・めでたく卒寿をお迎えの由、心からお祝い申しあげますとともに、ますますのご健勝を祈念いたします。

「短いスピーチ実例集」より

「NTT D-MAIL」より

「手紙・はがき百科」より

「冠婚葬祭 お金のマナー便利帳」より

達磨の紹介について

長寿祝いだるまの紹介

60歳の誕生日プレゼント

60代や70代への誕生日プレゼント

70歳の誕生日プレゼント

77歳の誕生日プレゼント

80歳の誕生日プレゼント

88歳の誕生日プレゼント

90歳の誕生日プレゼント

99歳の誕生日プレゼント

100歳の誕生日プレゼント

101歳以上の誕生日プレゼント

父親への退職祝いのプレゼント

年男や年女のお祝い

ブライダルだるまの紹介

ダイヤモンド婚式の贈り物

金婚式の贈り物

ルビー婚式の贈り物

銀婚式の贈り物

 

 

記事のカテゴリー別の一覧

長寿祝いの基礎知識

60歳のお祝いのマナー

70歳のお祝いのマナー

77歳のお祝いのマナー

80歳のお祝いのマナー

88歳のお祝いのマナー

90歳のお祝いのマナー

99歳のお祝いのマナー

100歳のお祝いのマナー